2011年05月08日

小さなトロールと大きな洪水

ムーミン童話の1作目です。
1945年に発行されてから絶版になっていて1991年に再度出版されたそうです。
長い間ムーミン童話は8作品と言われていた中、本作を加えて全9作品があります。

冒頭からママとムーミンが森の中をさまよっています。内容は、小さい生きもの(スニフ)との出会いやいくつかの冒険を経て、ムーミンパパと再会し、ムーミン谷に住むまでが描かれています。

表紙をみて、ムーミンの姿が、広く知れ渡っている姿と違っていることに驚きます。
第二次世界大戦のさなかに書かれたことや作者の置かれている状況から全体的に暗い雰囲気が漂っています。
著者が書き直したかったようですが、若かったころの熱意やひたむきさがつまっているのでそのまま再度出版することにしたそうです。

01_小さなトロールと大きな洪水(1945;1991).jpg.jpg
小さなトロールと大きな洪水
トーベ・ヤンソン 作・絵 1945/1991
冨原眞弓 訳 1999 講談社青い鳥文庫
posted by ハセボー at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味(読書・音楽等)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90662024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック