2011年08月22日

たのしいムーミン一家

ムーミン物語の3作目です。
1948年に発行されてから作者が1968年に書き直した作品が翻訳されています。
前2作と比較して、ほのぼのとした物語の展開が楽しめます。
本作が英語に訳されて、トーベヤンソンが広く知れ渡るようになった契機となった作品です。
1991年に日本でアニメになった脚本の元になったと考えられます。

ムーミンたちが冬眠に入る前の様子から物語が始まります。
がらっと雰囲気が変わり春になって冬眠から目覚めたムーミンやスナフキン、スニフが「シルクハット」を見つけ、これがこの物語の展開を後押しします。

個性豊かな登場人物が次々と描かれています。
トフスランとビフスランが話す会話とヘムレンとのやりとりが興味を惹きました。

また最後の場面で、ムーミンママの料理が「魔法」のような役割を果たしているようにも読み取れました

03_魔法つかいの帽子(たのしいムーミン一家)(1948;1968)新装版.jpg

楽しいムーミン一家
トーベ・ヤンソン 作・絵 1948/1968
山室 静 訳 1978 講談社文庫

原題は、「魔法つかいの帽子」
posted by ハセボー at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味(読書・音楽等)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90662031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック