2012年02月27日

久しぶりに英会話・・・こんな行事があるのですね

今月半ばに地元のコンベンションビューローの担当者経由で問い合わせがあった。

日本政府観光局(JNTO)(http://www.jnto.go.jp/jpn/)が主催するMeet Japan(http://mice.jnto.go.jp/case/convention/meetjapan.html)という、会議主催者を海外から招待して国際会議を誘致を目指すイベントの一環で、国際的に活躍されている臨床心理学の研究者が海外から視察のため金沢にいらっしゃるとのこと。

適任者と思われる国内の先生に問い合わせをして背景ならびに事情を知り、私がこの地で応対することになった。一昨日の午後、そして昨晩とその海外からの先生とお目にかかりました。

温厚な先生であまり緊張しないで臨めました。

ご執筆されていた論文を読んで臨みましたが、建設的な議論には至りませんでした(私の理解不足・表現力不足に起因する)。

初日の昼食時に、森田療法のことをいくつか尋ねられたり、WEBカウンセリングをされていることを伺いました。また現在の専門家養成の仕組みや体制についても尋ねられました。

昨日は午後の地元の伝統工芸を制作体験されて、楽しんでおられたご様子でした。

同席する合間に、ご趣味のことや、自転車で通勤されていることなどを伺いました。

また機会があれば、この先生に再びお目にかかりたいと思いました。

その時には、論文を熟読した上で臨もう。
posted by ハセボー at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究(論文執筆、学会)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90662038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック